BREAKING

【2022最新】Galaxy Buds2 Proケースおすすめ4選+1。Buds2 / live兼用ケースを紹介

Galaxy Buds2 Proケースのおすすめ

Galaxy Buds2 Proを含むGalaxy Budsシリーズを傷や汚れから守りたい場合は、ケースの着用がおすすめ。Galaxy BudsシリーズのバッテリーケースはGalaxy Buds Live以降同じサイズ・同じ形状を採用しているので、いずれかに対応するケースは4機種全てで使い回せる。

そこで本記事では、筆者が実際に購入して試したケースのなかから、おすすめのGalaxy Buds2 Pro / Buds Pro / Buds2 / Buds Live用ケースを紹介する。選び方や各ケースのレビューも合わせて解説しているので、参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク

Galaxy Buds2 Proにケースは必要か?

Galaxy Buds Proにケースは必要か?

まずはじめに、そもそもGalaxy Buds2 Pro・Galaxy Buds Pro・Galaxy Buds2・Galaxy Buds Liveにケースは必要なのかどうか?という点について個人的な見解を述べておきたい。

結論を述べると、Galaxy Buds2 Proにケースは必須ではない。しかし、4機種とも発売直後に購入し使ってきた経験上、どうしても傷や汚れが付いてしまいカラーによっては目立ってしまうので、長く綺麗に使い続けたいのであればケースの装着は手っ取り早い対処法だ。

表面に傷が付いたGalaxy Buds Liveのケース
表面に傷が付いたGalaxy Buds Liveのケース

一応、ケースの装着によるデメリットも考えてみると、サイズが一回り~二回り程度大きくなってしまうことが挙げられる。

しかし、Galaxy Budsシリーズは元々コンパクトに設計されているため、よほど小さなカバンやポケットでない限りは影響は少ない。

おすすめケースの選定基準

おすすめケースの選定基準

今回、Galaxy Buds2 Pro(Pro・Buds2・Live)ケースを購入するにあたって、いくつか重視していた要素がある。

ケース選定基準
  • デザイン性
  • スムーズに着脱できるか
  • 耐衝撃性
  • サイズ感

筆者がケース購入時に注目していたポイントは主に上記の4つ。本記事で紹介するケースも、個人的な感覚にはなるが基準を全て満たしている。

また、一部基準を満たせていなかったケースも「イマイチだったケース」として最初に紹介しておく。

イマイチだったケース

最初に、購入して使ってみたもののイマイチだったと感じたケースも紹介しておこう。

elago Galaxy Buds 2 /Buds Live/Buds Proケース

elago Galaxy Buds 2 /Buds Live/Buds Proケース

elagoというブランドのクリアタイプのGalaxy Budsケース。素材にはTPUを採用しており、非常に柔軟性に優れている。

内側には細かいドットテクスチャが施されており、装着時の密着痕の発生も防止済みだ。

黄色っぽい色味が気になる。

個人的に気になったのは、購入時点で部分的に黄色みがかっていた点。TPU素材のため時間が経つと変色してしまう可能性はあるが、開封時点で部分的に既に黄色っぽく見えてしまったのは残念だった。

おすすめのGalaxy Budsケース

おすすめのGalaxy Buds Proケース

前置きが長くなってしまったが、ここからが本題。おすすめのGalaxy Buds2 Proケースを4種類紹介する。

なお、冒頭でも触れた通りGalaxy Buds2 ProのバッテリーケースはGalaxy Buds2およびGalaxy Buds Liveと同じサイズ・同じ形状を採用している。以下で紹介するケースは、Galaxy Buds ProやGalaxy Buds2、Galaxy Buds Liveでも使用可能だ(実機で検証済み)。

Galaxy Buds 2 Z Flip3 Case GP-FPR177AMAWW / BW

Galaxy Buds 2 Z Flip3 Case GP-FPR177AMAWW / BW

まず1つめは、安心と信頼のサムスン純正ケース。見ての通り、サムスンの縦型折りたたみスマートフォンGalaxy Z Flip3のデザインを正確に再現している点が特徴のケースだ。

素材はもちろんプラスチックだが、カバーディスプレイやデュアルカメラ、インジケーターが見えるように設計されたUSB Type-Cポートなどもしっかりと作りこまれており、ぱっと見は本当にミニチュアサイズのGalaxy Z Flip3だ。

着脱も比較的スムーズで、Galaxy Budsに負担がかかるようなことはほとんどない。厚みもしっかりとあるので、ある程度の耐衝撃性にも期待できる。

しかし、デザインのコンセプト上仕方のない部分も多いが、ケースを装着した後のサイズは本記事で紹介するケースのなかでは最も大きい。

ユニークなデザインを求める方にはおすすめできる一方で、コンパクトなサイズを重視したい方には合わないかもしれない。より詳細なレビューについては以下の記事をチェックしてみてほしい。

Spigen クラシック・フィット ASD01926

Spigen クラシック・フィット ASD01926

続いては、スマートフォンケースで知名度の高いシュピゲン(Spigen)のクラシック・フィットというケース。ブラックとブロンズの2色が展開されており、筆者はGalaxy Buds Liveに合わせてブロンズを購入した。

特徴は、ポリカーボネートとニットファブリックを組み合わせた設計。ケースの全体はポリカーボネートで設計されており、デザインのアクセントとなっている部分にニットファブリックが採用されている。

Spigen クラシック・フィット とGalaxy Buds Live

パッと見は金属を思わせるような質感と、指で軽く圧を与えてみても曲がったり歪んだりしないしっかりとした耐久性が魅力。また、カラビナも付属しているのでベルトやカバンに引っかけるような使い方もできる。

一方、デザインについてはやや派手にも見えるので人を選ぶかもしれない。詳細なレビューは以下の記事で確認してみてほしい。

Spigen アーバン・フィット ASD01443

Spigen アーバン・フィット ASD01443

シュピゲン(Spigen)からはもう1つ、アーバン・フィットというケースもおすすめだ。クラシック・フィット同様ブラックとブロンズの2色が展開されており、筆者はGalaxy Buds Proに合わせてブラックを購入した。

クラシック・フィット同様素材にニットファブリックが使われているが、よりファブリック感が強い点が特徴。全体的にあたたかみのある柔らかな質感に仕上げられている。

Spigen アーバン・フィット

ケース自体にもある程度厚みがあり、耐久性も問題なし。取り付けもGalaxy Buds Proをグッと押し込むだけでピッタリとフィットする。

ただし、フィット感に優れている反面、一度取り付けるとスムーズに取り外しにくいとも感じた。同梱のガイド通りに力を加えると問題なく取り外せたが、逆に言うとガイドが必要な程度にはガッチリと固定されてしまうということであり、頻繁に付け外しするような使い方にはあまり向いていないと感じる。

詳細なレビューは以下から。

Caseology Galaxy Buds 2 ケース ‎ACS03369

Caseology Galaxy Buds 2 ケース ‎ACS03369

最後のGalaxy Buds Proおすすめのケースは、Caseologyから。ただし、Caseology自体Spigen傘下になっているので実質Spigenから3つめの選出となる。

こちらのケースは、表面にCaseology特有の「サンドストーン加工」が施されている点が特徴。サラサラとザラザラの中間のようなナチュラルな質感に仕上げられている。

Caseologyのエアスペーステクノロジー

ケースの4つ角には、衝撃吸収効果に期待できるエアスペーステクノロジーも採用。

また、本記事で紹介しているおすすめケースのなかでは最も着脱がスムーズで、Galaxy Buds本体のヒンジに負担をかけずに使用できる点も魅力だ。

まとめ

以上、Galaxy Buds Pro / Buds2 / Buds Live向けのおすすめケースを紹介した。

アクセサリの数はAppleのAirPodsシリーズには及ばないものの、アレコレと試すだけの種類はGalaxy Budsシリーズにも揃っている。好みのGalaxy Buds Proケースを探す参考に、本記事を活用していただければ幸いだ。

なお、当サイトではGalaxy Budsシリーズの比較も掲載している。興味があれば、ぜひ合わせて読んでみてほしい。

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。