【注目】楽天モバイルにてiPhone 13シリーズの予約受付が開始

「+メッセージ」がMVNOやサブブランドでも利用可能に。9月2日から順次提供開始

ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社は9月2日、メッセージサービス「+メッセージ」に対応する通信サービスを携帯3社すべてのブランドとMVNOに拡大することを発表した。

これにより、3社いずれかの回線を使用するMVNOやサブブランドでも、「+メッセージ」を利用できるようになる。

スポンサーリンク

「+メッセージ」がMVNOやサブブランドでも利用可能に

「+メッセージ」は、2018年にドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社から発表された、電話番号のみで送信できるSMSを拡張した新たなメッセージサービス。3キャリア間であればパケット通信料のみでメッセージや画像、動画、スタンプなどを送信できた。

従来3キャリア間でしか利用できなかった同サービスだが、2021年9月2日より、順次サブブランドやMVNOにも開放されることが発表された。各回線の「+メッセージ」提供開始時期は以下の表の通りだ。

会社名対応時期ブランド/通信サービス
KDDI提供済み
  • au
  • povo
2021年9月2日(木曜)
  • UQ mobile
  • MVNO(au回線)
NTTドコモ提供済み
  • NTTドコモ(ahamo含む)
2021年9月下旬予定
  • MVNO(ドコモ回線)
ソフトバンク提供済み
  • ソフトバンク
2022年春予定
  • ワイモバイル
  • LINEMO(ラインモ)
  • MVNO(ソフトバンク回線)

「+メッセージ」の利用者数は2021年7月に2,500万人を突破し、現在も順調に拡大しているとのこと。

また、企業とやりとりができる「公式アカウント」においても、3キャリアによる公式アカウント審査の実施があるため、安心してやり取りができると好評のようだ。

携帯3社は、今後もお客さまの生活をより安心・安全・便利にしていくことをめざして、豊かなコミュニケーション環境を実現するさまざまな取り組みを進めていくとしている。

なお、「+メッセージ」はAndroid / iOS問わずこちらからダウンロード可能だ。

[source ドコモ]

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット、テニス、料理、スターウォーズなど。ペンギンも大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届け。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました