【注目】Shokzの新型骨伝導イヤホン「OpenRun Pro」がクラウドファンディング実施中!

マウスコンピューターから「DAIV Z7」が発売。第12世代CoreプロセッサーとWindows 11搭載のクリエイター向けデスクトップPC

株式会社マウスコンピューターは1月12日、クリエイター向けパソコンブランドDAIVから、デスクトップPC「DAIV Z7」を発表した。

「DAIV Z7」はプロセッサーに第12世代Core、OSにWindows 11搭載を搭載。本日1月12日からマウスコンピューター公式サイトにて発売される。

スポンサーリンク

第12世代Core & Windows 11搭載「DAIV Z7」が発売

DAIV Z7
DAIV Z7

「DAIV Z7」は、RAW現像や動画編集におすすめのクリエイター向けデスクトップPCの最新モデル。マウスコンピューターでは、税込252,780円から販売される。

第12世代インテル Core i7-12700とWindows 11を搭載

「DAIV Z7」は、プロセッサーに性能の違う2つのコアを組み合わせた高性能ハイブリッド・アーキテクチャーである、第12世代インテルCore i7-12700を採用している。

処理やシングルスレッドの性能を高めるPerformance-coreと消費電力と処理効率を最適化するEfficient-coreを組み合わせ、インテル スレッド・ディレクターによる両コア連携のワークロード割り当てにより、第11世代インテルCoreプロセッサーと比較し、大幅に性能が向上している。

画像加工しながらのレンダリングや高画質ファイルのエフェクト処理など、マルチタスクや負荷の高い作業も快適に行うことが可能だ。

また、第12世代インテル Core プロセッサーは、搭載しているWindows 11に最適化されており、高性能×省電力の特長を最大限に引き出せる。

インテル Z690搭載による拡張性

最新のインテル Z690チップセットは、PCI Express 4.0比で1レーンあたり2倍の帯域幅を実現する
PCI Express 5.0に対応(PCI Express×16)している。

PCI Express 5.0対応のグラフィックスカードなど、今後の発売が期待されるPCI Express 5.0対応機器の搭載が可能で、高い拡張性を備えている。

GeForce RTX 3060

GPUには、最新世代の「GeForce RTX 3060」(GDDR6 12GB)を搭載。映像の描画に多くのメモリを消費する高解像度のコンテンツ制作において、安定した処理と低遅延を実現した。

「GeForce RTX 3060」に搭載されているNVIDIA Ampere アーキテクチャは、AI 技術の利用に最適化されたTensor コアが強化されている。これにより、AI ベースのフォーカスマスク機能やオートリフレーム機能をGPUが強力にサポートするほか、高解像度の動画編集や画像編集を円滑に処理できる。

「DAIV Z7」の製品仕様

製品名DAIV Z7[Windows 11]
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル Core i7-12700 プロセッサー
チップセットインテル Z690 チップセット
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060(GDDR6 12GB)
メモリ32GB (16GB×2)
ストレージ(M.2 SSD)512GB (NVMe Gen4×4 / SAMSUNG PM9A1)
ストレージ(HDD)2TB

関連マウスコンピューター「DAIV 4P」レビュー。 約985gの軽量&パワフルなノートPC

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました