【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

ASUS ZenFone 6がETOREN、EXPANSYSで発売開始。ETORENでは割引クーポンも

海外製スマートフォンを主に取り扱っているECサイトのETORENとEXPANSYSにて、2019年5月に発表されていたASUSの最新フラッグシップモデルZenFone 6が発売されました。

スポンサーリンク

ZenFone 6の特徴

ZenFone 6は、ASUSの最新フラッグシップモデルで現時点で日本では未発表。最高峰のプロセッサSnapdragon 855と最大8GBのメモリ、256GBのストレージを搭載するハイエンドモデルになります。

6.4インチ(2,340×1,080ドット)の液晶ディスプレイは流行の縦長・ベゼルレスで、ノッチやパンチホールの無い真のフルディスプレイを実現。そのためにインカメラの搭載は見送られているものの背面カメラに180°までの回転(フリップ)機構を組み込むことでセルフィーにも対応させた、かなり特殊な形ギミックを持つスマートフォンです。

フリップカメラはデュアルカメラとなっており、ASUSのZenFoneシリーズではおなじみのメインカメラ+超広角カメラという組み合わせを採用。メインカメラは4,800万画素・F/1.79、超広角カメラは1,300万画素のセンサーとなっており、超広角カメラはメインカメラと比較して約1.6倍の125度の画角を誇ります。セルフィーはこの背面カメラを前面までフリップさせることになるため、通常背面カメラと比較して見劣りしがちなセルフィーが高品質なメインカメラで撮影できることが、ZenFone 6最大の特徴でしょう。

また、このフリップカメラはステッピングモーターによって駆動しており、その角度はソフトウェアによって調整が可能。つまり0°~180°のうち好きな角度がカメラを固定して撮影可能な他、自動で動くカメラによって滑らかなパノラマ写真の撮影も可能になっています。

もう1つ特徴として、ZenFone 6は側面に「スマートキー(Smart Key)」と呼ばれるマルチファンクションボタンを搭載。Googleアシスタントや任意のアプリや機能の起動を割り当てることが可能です。

ETOREN、EXPANSYSそれぞれの価格

ETOREN、EXPANSYS共に取り扱っているZenFone 6は型番ZS630KL。8GBのメモリ、256GBのストレージを搭載した最上位モデルで、カラーがMidnight Blackのみ在庫が確保されています。

EXPANSYSで販売中のZenFone 6

EXPANSYSで販売中のZenFone 6

EXPANSYSでの販売価格は執筆時点で85,600円。送料は無料ですがここに輸入消費税等が加算されることになりますので総額では約90,000円ほどになると思います。

ETORENで販売中のZenFone 6

ETORENで販売中のZenFone 6

ETORENでの販売価格は97,300円で、こちらはEXPANSYSとは異なり輸入消費税も込みの価格設定。その代わりこちらは送料が発生します。総額ではギリギリ10万円に届かないくらいですね。

一応ETORENでは7月14日まで限定でボーナスセールが実施されており、こちらのZenFone 6もセール対象。注文時にクーポンコード「ETORJP7」を適用させることで2,000円オフで購入可能です。