【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

Galaxy Watch Active 2の公式プロモーション画像がリーク。付属のストラップがレザーに?

Galaxy Note 10のレンダリング画像がリークされ話題になっていたようですが、今度はスマートウォッチGalaxy Watch Active 2の公式レンダリングとされている画像がAndroid Headlinesによってリークされています。

スポンサーリンク

アクティブでもレザーストラップ。赤いリングの意味は?

Galaxy  Watch Active2のレンダリング

Galaxy Watch Active 2は以前SamMobileによって実機のハンズオン画像が公開されていました。今回改めてリークされた上記画像は公式のプロモーション画像または動画の一部だと思われ、先日の画像よりもGalaxy Watch Active 2がどういったデバイスなのか?といった全体像を確認しやすいものとなっています。

とは言ってもGalaxy Watch Active 2自体が初代Galaxy Watch Activeからの変更点は少ないと見られており、ぱっと見の外観で感じられるほどの大きな差は少ないです。名称が”Galaxy Watch Active 2”であること、初代と同じく回転ベゼルの搭載は見送られる方針であること、基本形状は初代を踏襲していることなどはこの画像から改めて確認することができます。

個人的に気になったのはストラップがレザー調であること。”Active”の名称からイメージされるように同シリーズはスポーティなシーンをメインに想定したデバイスで、初代もデフォルトではシリコンストラップが採用されていましたが、この画像のGalaxy Watch Active 2は恐らくレザーバンドを採用しています。噂の1つにカラーバリエーションはブラック、ゴールド、シルバーの3色で展開されるという情報がありましたが、それに倣えばこの画像は恐らくブラック。これまでのイメージを変えて高級感のあるレザーストラップを採用したのかもしれませんが、ブラックモデルのみプレミアムなレザーバンドでその他2色はシリコン、といったように差別化されたうえで展開される可能性も捨てきれません。

また、ハンズオン画像の際にも注目されていた側面に搭載されているホームボタンと戻るボタンの形状が微妙に異なり、電源ボタンには赤いラインが入っていることも今回の画像からハッキリと確認ができます。ボタンの判別がしやすいようにとの配慮なのか機能的な意味があるのかはまだ不明ですが、注目しておきたいポイントの1つです。

Galaxy Watch Active 2には心電図や転倒検知などの健康に関連した機能が追加される予定。40mmと44mm、Wi-FiとLTEなど複数のモデルで展開されることもほぼ確定と言っていいでしょう。

このタイミングでプロモーション画像がリークされたとなると、Galaxy Watch Active 2が8月7日のUnpackedにてGalaxy Note 10と共に発表される可能性が考えられます。しかしその場合開発コードネームが明らかになっているGalaxy Watch 2の立場がどうなるのかがわかりません。ソフトウェア的に回転ベゼルを再現し、ブランドはGalaxy Watch Activeに統一、なんて可能性も・・・?

(source Android Headlines)