【2月12日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

Galaxy Watch Active2でTwitterを閲覧する方法。Watch Viewer for Twitterならリツイート・いいねも可能

Galaxy Watch Active2の発表時、YouTube、Twitter、Google翻訳の公式アプリが登場するとの情報がありました。蓋を開けて見ると実際には3つともTecAce製のサードパーティアプリだったわけですが、Galaxy Watch Active2でTwitterが閲覧できることに違いはありません。

本記事ではGalaxy Watch Active2用のTwitterクライアント「Watch Viewer for Twitter」の初期設定と使い方を紹介します。

スポンサーリンク

「Watch Viewer for Twitter」でTwitterにログイン

「Watch Viewer for Twitter」はGalaxy Storeからインストール可能です。

Galaxy StoreでWatch Viewer for Twitterを探す

筆者の場合「Twitter」で検索するとトップに表示された

Galaxy Watch Active2にインストールされたアプリを開くと以下のようにURLが表示されますので、タップします。

連携アプリの認証すると接続しているスマートフォン側でブラウザが立ち上がり、Twitterアカウントとの認証が求められますので認証を許可しましょう。続いて「Watch Viewer for Twitter」へのログインが必要になります。スマートフォン側のログイン画面にGalaxy Watch Active2に表示されているアルファベットを入力します。プライバシーノーティスに同意し[OK]をタップすることでログインが完了し、Galaxy Watch Active2でTwitterが閲覧できるようになります。

タイムラインの閲覧、リツイート、いいね、検索が可能

「Watch Viewer for Twitter」でできること

「Watch Viewer for Twitter」でできることは画像の通りタイムラインの閲覧、リツイート、いいね、プロフィールの表示とフォロー・フォロワーの表示、検索といったところ。タイムラインは画面いっぱいに1ツイートが表示され、それぞれのツイートをタップすることでリツイートといいねが可能になっています。

円形の小さい画面はTwitterと相性が良いとは言えずスマートフォンと比較して快適とは言えないのが正直な感想ですが、スマートウォッチでも最低限のSNSのチェックが可能である点は評価できるでしょう。「Watch Viewer for Twitter」からのツイートこそできないもののある程度のアクションは可能であるため、縛りプレイにはなりますがライトユーザーであればGalaxy Watch Active2のみで日頃のTwitterを完結させることも不可能ではありません。

「Watch Viewer for Twitter」は現状Galaxy Watch Active2のみをサポートしたアプリ。今後Galaxy WatchやGalaxy Watch Activeへの対応される可能性もありますが、今のところ具体的なアナウンスはされていません。

Galaxy Watch Active2を購入する

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました