【お知らせ】OPPO Reno Aのハンズオン動画を公開しました

ロジクール、「MX Master 3」「MX Keys」を9月27日に発売。Amazonにて予約を受付中

株式会社ロジクールは9月18日、同社のハイエンドライン「MXシリーズ」の新モデルとなるマウス「MX Master 3」とキーボード「MX Keys」を発表しました。いずれも9月27日から販売開始される見込みです。

スポンサーリンク

ロジクールから「MX Master 3」「MX Keys」が登場

MX Master 3

MX Master 2Sの後継となるMX Master 3

「MX Master 3」「MX Keys」は、両方とも9月4日にLogitechから発表・発売済みであったマウスとキーボード。今回はLogitechの日本法人であるロジクールから同デバイスが発表されたことで、日本でも正式に入手ができるようになります。

ハイエンドマウスの「MX Master 3」は先代にあたるMX Master 2Sの直接の後継モデル。掴みやすい形状はそのままにボタンの配置が見直され、ステンレス製となったホイールには「MagSpeed 電磁気スクロールホイール」と呼ばれる電磁気を利用した仕組みを採用。質感と精度を同時に向上させることに成功しています。
MX Keys

CRAFTからダイヤルが取り除かれた形状の「MX Keys」

クリエイター向けを謳いダイヤルキー「クラウン」を搭載していたハイエンドキーボードCraft(KX1000s)に対して、「MX Keys」はエンジニアやプログラマを対象に開発されたとのこと。キー配列やキー中央の丸い窪みなどはCraftも「MX Keys」も同様ですが、クラウンが取り除かれたことによりスッキリとした見た目になっています。

バッテリ駆動時間が大きく向上したほか、クラウンがなくなったためか価格も抑えられています。

価格は「MX Master 3」が13,500円前後、「MX Keys」が14,500円前後になる見込みで、両デバイスとも9月27日より販売開始される予定です。

MX Master 2SとCraft両方のユーザーである筆者はどちらも気になっていますが、「MX Keys」は後継機と言うよりは派生モデルといった印象なので手は出さない予定。「MX Master 3」についてはType-Cによる充電が魅力的で、さらにMX Master 2Sの一部のボタンの効きが悪くなってきているという口実もあることから買い替えも検討しています。購入した際には当ブログでも記事を出しますのでお楽しみに。

関連FLOWで複数のPCを自在に操る。ロジクールのMX MASTER 2S レビュー

関連Logicool Craft KX1000sレビュー。FLOWやクラウンなど豊富な機能を搭載したパンタグラフの決定版

(source PC Watch)