【11/4】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

Galaxy Note10+用ケース、PITAKAのMAGCASEレビュー。マグネットホルダー、ワイヤレス充電、おサイフケータイが併用可能!

スマートフォンアクセサリーを展開しているPITAKAさんから、Galaxy Note10+用のケースMAGCASEをレビュー用に提供して頂きました。

PITAKAが展開するスマートフォンアクセサリーはほぼ全て

  • マグネットによる固定
  • 薄く頑丈なアラミド素材

の2点を共通の特徴として持っています。本記事で紹介するMAGCASEは上記2点を兼ね備えたPITAKAの主力製品であり、さらに今回はMAGCASEと相性が良いワイヤレス充電スタンドMagMountも提供して頂きましたのでそちらも合わせてレビューしていきます。

スポンサーリンク

開封

magcaseの箱

magcaseの内箱

Galaxy Note10+用MAGCASEの箱はこちら。真っ黒な箱はツルツルとした手触りの紙製となっており、スマートフォンアクセサリーとしてはかなり上質。恐らく箱は他のモデルと共通で、上に被せられている白いパッケージが対象製品ごとに用意されているものと思われます。

箱を開けたところ

開封した様子。蓋がマグネットで固定されている辺りもこだわりを感じるポイント。しかし箱の材質の関係上、光の当たり方で細かい傷が非常に目立つため開封直後にも関わらずかなり汚れているように見えてしまいます。

右側に収まっているのがGalaxy Note10+用MAGCASEです。

ケース背面

ケースの内側

MAGCASEを取り出したところ。全体のデザインはカーボン調で統一。背面はカメラ部分が開けられただけのシンプルな見た目で、内側にPITAKAロゴと後述するマグネットホルダーに対応する旨が表記されています。

Galaxy Note10+に装着!ケースの存在を感じさせない薄さが魅力

Galaxy Note10+にMagcaseを装着

Galaxy Note10+にMAGCASEを装着した様子。MAGCASEの魅力の1つは圧倒的な薄さで、ケースの装着前後で手に持った時の感覚がほとんど変わらないほど。ここまで薄いのにも関わらずスマートフォンケースとしてガッチリと端末を保護できるのはアラミドという素材が頑丈であるためでしょう。

ボタン類へのアクセス

側面の電源ボタン、音量ボタン部分は広めに開口されておりアクセスは良好。ケースによってボタンが押しにくくなることはない代わりに、保護される範囲は必要最低限です。

Sペンへのアクセス

まとめて大きく開けられていた側面に対して底面部は個々のインターフェースに合わせて多少のゆとりをもったスペースが取られています。Galaxy Note10+の最重要ポイントであるSペンの取り出し・収納の動作もスムーズで、Sペンを頻繁に活用している筆者としては気になる部分だっただけに一安心です。

ディスプレイ保護

MAGCASE装着後のGalaxy Note10+を真横から見ると、側面は完全に覆われているわけではなくディスプレイまでかなり余裕をもった設計になっていることがわかります。このゆとりの分だけ端末の保護性能は落ちることになりますが、その代わりMAGCASE装着時でもほとんどのガラスフィルムと干渉しないというメリットも。一長一短ではありますが、Whitestone Domeglassのように端まで完全に多いきってしまうガラスフィルムも気にせず利用できるため個人的にはありがたい設計に感じています。

また上部を見てもケースとディスプレイはほぼツライチとなっているため、MAGCASE単体でのディスプレイ保護にはほとんど期待できません。公式でもガラスフィルムと干渉しないことをウリにしている以上、ディスプレイの保護を求める場合は別途ガラスフィルムを用意する必要があるでしょう。

カメラ保護

背面のカメラに関しても同様で、MAGCASEとGalaxy Note10+のカメラの高さはほぼ同じ。完全な平面に置くのであればわずかにMAGCASEの高さがありますが、多少の凹凸があればレンズが接地してしまうことは避けられません。

耐久性は申し分なし

MAGCASEを装着したGalaxy Note10+とGalaxy Note8

MAGCASEを装着したGalaxy Note10+とGalaxy Note8

MAGCASEは以前のメイン機であったGalaxy Note8の時から約2年近く利用していますが、割と雑に扱ってきたわりには目立つ傷や汚れ等は見られず耐久性には言うことなし。TPUケースのように変色することなく、革製品のようなエイジングによる味こそ楽しめないものの付けていることを感じさせないほど当たり前に、長期間利用できるかと思います。

ワイヤレス充電器MagMountとの相性が最高

冒頭で触れたように、MAGCASEは背面にメタルプレートが内蔵されているためマグネットホルダーによって固定することが可能。

MagMountは組み立てが必要

MagMountは組み立てが必要

特に同社製のマグネットホルダー兼ワイヤレス充電器であるMagMountとの相性は抜群。

MagcaseとMagMount

MAGCASEを早着した端末は、MagMountに近づけるだけでマグネットによって吸い寄せられるように自然と固定されます。さらにQiによるワイヤレス充電に対応したスマートフォンであればそのまま急速ワイヤレス充電を開始。

 iPhoneGalaxy
ワイヤレス充電時の最大W数7.5W10W

スマートフォンを立てかけるタイプのスタンド型ワイヤレス充電器は珍しくありませんが、マグネットによってガッチリと固定される本機は位置がズレる心配から解放されるため従来のそれより明らかに便利で快適。MagMount自体も底面の吸着パッドによってデスクに固定できるため立てかけた状態での操作も難なく可能。縦・横の向きも問わず、デスク上のみならず様々な場所での活躍が見込めます。

PITAKAのMagDock

クラウドファンディングでゲットしたPITAKAのMagDockとの組み合わせも最高

関連3つのデバイスを同時に充電!PITAKAのワイヤレスチャージャーMagDockが面白そう

メタルプレートはおサイフケータイを妨げない

MAGCASEはマグネットホルダーに対応するためにメタルプレートが内蔵されていますが、ワイヤレス充電を妨げることがありません。それは内蔵されているメタルプレートが中央を大きく避けるように配置されているためであって、この設計は中央付近にFelicaチップが内蔵されている端末ではおサイフケータイも問題なく利用できるという副次的なメリットも生み出しています。

総評。薄くて頑丈、ワイヤレス充電、おサイフケータイ、全て活用しつつ便利なホルダーにも対応な欲張りケース!

2年以上MAGCASEを使用している筆者が改めてGalaxy Note10+用の同製品を使ってみたところ、改めて最高のケースだという結論に至りました。

端末の元々のサイズ感を損なわない薄さ、おサイフケータイ、ワイヤレス充電といった便利な機能を潰すことなくマグネットホルダーというサブウェポンを利用できるよう配慮された設計の作り込みには感心するばかりで、変わり映えしない製品が多いスマートフォンアクセサリというジャンルのなかでも頭一つ抜けた存在であると感じます。

薄型のケースのため耐衝撃性は低いですが、その点を改善した別シリーズも展開する隙の無さと本シリーズへのこだわりもPITAKAというブランドの強みでしょう。クラウドファンディングで続々と新製品を発表していますし、これからも要注目なアクセサリブランドです。

MAGCASEとMagMountはAmazonにて販売中。MAGCASEはiPhoneシリーズとGalaxyシリーズに対応し、MagMountはデスクトップ用の他車載用もラインナップされています。iPhone、Galaxyユーザーであればぜひ一度検討していただきたい、最高にオススメできるケースと充電器です。

AmazonでPITAKA製品をチェック

レビュー動画も公開!

MAGCASEとMagMountのレビュー依頼は、YouTubeチャンネル経由でお話をいただきました。動画でもレビューを公開していますので、ぜひチャンネル登録をよろしくお願いします!

iPhone&Galaxyユーザーはマストバイ!PITAKAのMagCaseとMagMountが便利!【Note10+用】
タイトルとURLをコピーしました