【7月29日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

au版Galaxy S9(SCV38) / S9+(SCV39)にS20機能のアップデートがリリース。シングルテイクやプロ動画モードが利用可能に

auがサムスンGalaxy S9(SCV38)およびS9+(SCV39)向けに機能追加のアップデートをリリースしています。

アップデート開始日は2020年7月15日。対象端末には順次アップデートの通知が表示されるはずです。

アップデートファイルサイズと端末本体による更新時間は、Galaxy S9(SCV38)の場合約930MBで16分、Galaxy S9+(SCV39)の場合約900MBで約15分です。

スポンサーリンク

au版Galaxy S9 / S9+でもS20のカメラ機能が利用可能に

アップデートの対象端末はGalaxy S9(SCV38) / S9+(SCV39)の2モデル。本アップデートを適用するためには、事前に各端末を最新のAndroid 10にアップデートしておく必要があります。

本アップデートを適用することにより、最新のGalaxy S20シリーズに搭載されている機能の一部をS9シリーズでも利用可能になります。

追加される主な機能は以下の通り。

追加機能
  • シングルテイク
  • マイフィルターの基本サンプル増加
  • プロ動画撮影モード
  • 自動で広角モードへ切り換え機能
  • 「AR 絵文字」→「AR ゾーン」名称変更及び機能更新
  • 動画撮影中のフロントカメラ / リアカメラの切替撮影ボタンの機能追加
  • キーボードのUI変更、モーション及びモード追加
  • ギャラリーの画像グループ化機能追加
  • Music Share機能
  • クイック共有機能
  • MOV ファイル対応
  • 「ヒント」「Galaxy Pass」がプリインストールアプリに追加

Galaxy S10(SCV41)およびGalaxy S10+(SCV42)向けにリリースされた同様のアップデートと比較すると、「ナイトハイパーラプス機能」と「自分撮りのトーン項目」が追加されていないことがわかります。

Galaxy S9が当初搭載していたAndroid 8.1 OreoベースのSamsung Experience 9.5では、動画用のプロモードが搭載されていましたが、後にAndroid 9 PieベースのOne UI 1.0にアップデートされた際に同機能が削除されてしまいました。

そして今回のアップデートによって再び利用可能に。動画用のプロモードに関しては追加というよりも復活が正しいかもしれません。

また、本アップデートを適用することにより、特定の画像を壁紙に設定するとまれにフリーズまたは再起動する不具合を改善。セキュリティパッチが2020年6月に更新されます。

アップデート後のビルド番号(ソフトウェアバージョン)は以下の通り。

ビルド番号
  • Galaxy S9(SCV38):QP1A.190711.020.SCV38KDU1CTG1
  • Galaxy S9+(SCV39):QP1A.190711.020.SCV39KDU1CTG1

本アップデートは、2020年4月の時点で韓国サムスンよりアナウンスされていたもの。約3ヶ月遅れで国内モデルにも展開された形になります。7月13日にはドコモ版のGalaxy S9 / S9+にもリリースされていました。

なお、国内のGalaxyスマートフォンのアップデート状況は以下のページにまとめてありますので参考までに。

関連Galaxyスマートフォンのアップデート状況

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました