BREAKING

Galaxy Z Flip5のカバーディスプレイは3インチ以上に?折り目改善の情報も

2022年9月にGalaxy Z Flip4が登場したばかりなのでやや気が早いかもしれないが、早くも後継となるGalaxy Z Flip5(仮称)に関するリークが集まりだしてる。

リークされていたのは、Galaxy Z Flip5のカバーディスプレイとヒンジに関する情報だ。

スポンサーリンク

Galaxy Z Flip5のカバーディスプレイとヒンジが改善か

本記事の情報源は、上記Ross Young氏のツイート。

現行のGalaxy Z Flip4の背面には、約1.9インチのカバーディスプレイが搭載されている。

Galaxy Z Flipにはもともと1.1インチのカバーディスプレイが採用されていたので、Z Flip3 / Z Flip4のカバーディスプレイも既に大型化された結果なのだが、次期Galaxy Z Flip5では3インチ以上のカバーディスプレイが採用されるとのことだ。

Galaxy Z Flip5のカバーディスプレイとヒンジが改善か

現時点では根拠のない噂段階ではあるが、サムスン側にも今後Flipシリーズのカバーディスプレイをもっと活用していくのではないかと考えられる動きが見られる。

それが、Good LockモジュールのひとつであるMultiStarがアップデートによりカバーディスプレイでのアプリ起動に対応したこと。

文字入力こそできないものの、既にGalaxy Z Flip4 / Flip3のカバーディスプレイで任意のアプリが起動できるようになっている。

Galaxy Z Flip5でカバーディスプレイが大型化し、MultiStarの機能がGood Lockモジュールから正式にOne UIに取り込まれるというシナリオは十分に考えられるはずだ。

折り目が目立たなくなる?

折り目が目立たなくなる?

Ross Young氏のツイートによると、Galaxy Z Flip5には新たに設計されたヒンジが採用されるようだ。

新デザインのヒンジを採用することにより、折りたたみ画面の折り目の軽減に期待できる。サムスンはGalaxy Z Flip4の時点で折り目が改善されていることを主張していたが、残念ながら当サイトでレビューした限りではまだまだ違和感が残るクオリティだった。

折り目の改善にはヒンジの仕組みの改善が必要であり、それには防水・防塵などの要素も影響してくる。

折り目の目立たない折りたたみスマホも既に市場に出回っているが、防水には対応できていないモデルが多いため、もしGalaxy Z Flip5が目立たない折り目と防水を両立できれば業界にとってブレイクスルーとなるはずだ。

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。