【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

楽天カードがGoogle Payに対応。QUICPayでの決済が可能に

7月23日、楽天カードがGoogle Payに登録可能になったことが発表されました。これまでApple Payユーザーのみが可能だった楽天カードによるQUICPayでの決済が、Androidユーザーにも開放された形になります。

スポンサーリンク

Kyashを介さずに楽天カードでQUICPay決済

Google Payに登録した楽天カード

Google Payに登録した楽天カード

これまでもプリペイド式のバーチャルVisaカードを発行できるサービスであるKyashが楽天カードとGoogle Payに対応していたため、”楽天カードを登録したKyashのカードをGoogle Payに登録”というように間にKyashを挟むことで実質楽天カードをGoogle Payで利用することは可能でした。

しかしこの方法でQUICPay決済を利用すると

  • QUICPay+加盟店でしか決済できない(QUICPayのみの店舗では利用できない)
  • オートチャージの場合通信が発生し決済に時間がかかる
  • 1回5万円、1日5万円、1ヶ月12万円までの利用限度がある

等の欠点がありました。特にキャッシュバック欲しさにKyashを利用して大きな買い物をした月は上限を気にしながらQUICPay決済しなければならないのが個人的には不便に感じていました。

しかし7月23日からは楽天カードを直接Google Payに登録できるため、楽天ポイントを貯めるのかKyashのキャッシュバックを狙うのかを完全に切り分けて利用可能に。いちいちカードを取り出さずにスマートに楽天ポイントを貯めることが可能です。

対象の楽天カードはMastercard、Visa、JCBブランド(AMEXは対象外なので注意)。一回あたりの利用上限額は2万9999円で支払額の1%が楽天スーパーポイントで還元されるとのことです。

(source ITmedia)