QUICPayのGoogle Pay対応が判明!10月9日から利用可能になりそう

2018年5月、電子マネー「Suica」「WAON」が新たにGoogle Payに追加され、開始から既に1年半近く経過していた同サービスが日本でもやっと本格的に利用できる基盤が整いました。その際QUICPayも2018年の夏以降に対応すると発表されていましたが、8月、9月と過ぎていくなか続報が聞こえてくることなく、もう今年中には来ないんじゃないかと思いかけていました。しかしやっとJCBの公式サイトにGoogle Payに対応する旨のページが公開され、とあるキャンペーンの期間からサービス開始時期が連休明けの10月9日からになることも判明しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

待望のGoogle Payに対応したQUICPay

JCB公式サイト内の 個人クレジットカード > 追加カード・機能 へ進むとGoogle Payのタブが選択できるようになっています。JCBクレジットカード、JCBデビットカード、JCBプリペイドカードをGoogle Payに登録することで、QUICPay / QUICPay+に対応した店舗での決済が可能であるとしています。

また、さらに「Google Payを使って全員にもれなく10%キャッシュバックキャンペーン」というキャンペーンも開催。

その名の通り期間中JCBカードをGoogle Payで利用した場合、5,000円という上限はありますが利用金額の10%をもれなくキャッシュバックしてくれるというもの。注目すべきはキャンペーン期間で、10月9日から11月15日までとなっています。Google Pay側からの公式なアナウンスは今のところ何もないようですし、Google PayアプリにもQUICPayに関する記載は何もありませんが、丁度3連休明けとなるこのキャンペーン開始日10月9日にQUICPayがGoogle Payに追加されるのではないかと思われます。

利用店舗がQUICPay+に対応している必要がありますが、JCBプリペイドカードもGoogle Payアプリに登録可能となっていますのでLINE Payカードを登録しQUICPayを通じて支払いすることも可能かと思われます。もっともLINE Payカードの強みであった破格のポイント還元率2%は既に廃止されているためそこまで大きな旨味はないかもしれませんが。

また、夏以降のGoogle Pay対応を発表していた、スマートフォン内に作成したバーチャルカードで決済が可能なKyashも正式にGoogle Payへの対応を発表。既にGoogle Payに登録可能でQUICPayによる決済も開始しています。楽天カードなどこれまでのおサイフケータイのQUICPayでは対応していなかったカードもKyashを経由させることで実質的に利用可能になりますので、より柔軟な使い方が考えられるかと思います。

QUICPayの追加によって、Google Payがやっとおサイフケータイに取って代わることができるようになります(Felicaチップ必須なことに変わりはありませんが)。個人的にもQUICPayの対応は首を長くして待っていたことですし、正式な発表が待ち遠しいです。また、日本でのGoogle Payサービスが本格的に始まっていることですし、キャリアからの発売が噂されるPixel 3シリーズの対応も気になるところです。

(source JCB)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする