Google Pay、QUICPayが利用可能に。まずはKyash、JACCS、JCBのカードが対応

昨日JCBの公式サイトにてフライングして公開されていたページから、10月9日にもGoogle PayにおいてQUICPayが利用可能になるのでは?との記事を公開しましたが、本日正式に対応が発表され、まずはKyash、JACCS、JCBのカードが対応することが明らかになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kyash対応によって楽天カードでもQUICPayが利用可能に

利用方法はGoogle PayアプリをPlayストアからインストールし、”支払い”タブから”+お支払い方法”を選択し対象となるカードを登録します。途中上の画像のように「Google PayでQUICPayをお楽しみください」とのポップアップが表示され、続行をタップすると登録が完了します。

JACCSカードに加えスマートフォン内に作成したバーチャルカードによる決済が特徴のKyashが今回のQUICPayに対応しているため、これまでのおサイフケータイでは対応カードが多くはなかったQUICPayがより柔軟で使いやすいものに変化しています。特にこれまではApple Payでは楽天カードがQUICPayに対応していたのに対してAndroidのおサイフケータイでは対応していない、という状況だったのを、今回のKyashのGoogle Pay対応のおかげでKyashに登録するカードに楽天カードを指定することで実質楽天カードでのQUICPayが実現できたのは個人的に期待していた部分でしたので満足できる結果になっています。

既にGoogle PayでのQUICPayは利用可能になっていますが、気になるのはこのタイミング。日本時間の10月10日からはGoogleによるハードウェアの発表イベントが開催されます。既にGoogle JapanがTwitterにて宣伝しているように、Pixel 3シリーズは日本投入確実であり、キャリアでの販売が噂されているためGoogle Payが利用できる可能性は大いにあります。これまでおサイフケータイはAndroidのアップデートを妨げる大きな要因の1つと言われることが多かったですが、Googleのリファレンス機であるPixelシリーズでGoogle直々の決済サービスであるGoogle Payに取って代わることによってその辺りの問題の解決にもつながってくれると嬉しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする