【お知らせ】OPPO Reno Aのハンズオン動画を公開しました

Microsoft、折りたたみ可能な2画面デバイス「Surface Neo」と「Surface Duo」を先行公開

Microsoftは10月2日、新製品の発表イベントを開催しました。Surface Laptop 3、Surface Pro 7、Surface Pro X、Surface Earbuds等の発表を一通り終えた後、サプライズ的にさらに2つのデバイスが先行公開されました。

先行公開されたのは「Surface Neo」と「Surface Duo」の2種類で、どちらも2画面を搭載した折り畳みデバイス。「Surface Neo」は9インチのディスプレイが2枚採用され、OSには2画面用に設計されたWindows 10Xを搭載。「Surface Duo」は2枚の5.6インチディスプレイを採用し、OSにはAndroidが搭されています。

スポンサーリンク

2画面モバイルPCの「Surface Neo」

Surface Neo

「Surface Neo」は2枚の9インチディスプレイが360°回転可能なヒンジによって接続された、2画面デバイス。2枚の画面を180°展開すれば約13インチの、360°回転させることで9インチのタブレットとして利用可能。キーボードを装着

さらに専用のキーボードを画面下部に装着することでノートPCとしての運用も想定。キーボード装着時、覆われていない部分のディスプレイはサブディスプレイとして利用できるのは2画面用に設計されたWindows 10Xの強み。純粋なディスプレイである分MacBook ProのTouchbarよりは柔軟に扱えることが予想できますし、似たような形状を特徴とするASUSの2画面ノートPC「ZenBook Pro Duo」を試した時にその利便性は直に感じられています。

関連ZenBook 14 / 15、ZenBook Pro Duo、Edition 30をまとめてハンズオンレビュー!異色の2画面ノートの使い勝手は?

ちなみにこのキーボード、利用していないときには背面側に装着が可能。「Surface Neo」はSurfaceペンにも対応し、Surfaceペンも背面にマグネットにて固定し充電することができるようです。

Android搭載の「Surface Duo」

Surface Duo

「Surface Duo」は2枚の5.6インチディスプレイが、「Surface Neo」同様に360°回転可能なヒンジによって接続されたモバイルデバイス。AndroidベースのOSが採用されており、プロダクトムービー内の同端末にはGoogle Playがインストールされていることも確認できます。

電話アプリのアイコンが確認できることからもわかるように通話にも対応し、ディスプレイを360°開くことでスマートフォンのように利用することが可能です。

Officeを始めとしたMicrosoftのサービスは元々Google Playでも公開されていますが、「Surface Duo」の登場にあたりOffice mobile等のアプリを2画面で利用できるようにGoogleと協業。Android OSが折りたたみデバイスをサポートするとの発表が以前ありましたし、先行公開という形で「Surface Duo」が発表された理由としても、現時点ではまだ特殊な2画面に最適化されたアプリ開発を促進するためといったところでしょう。

発売は2020年

「Surface Neo」と「Surface Duo」はどちらも2020年に発売される予定。スペック、価格、発売地域などの詳細はいずれも不明な状態です。

長い間噂されてきたMicrosoftの折りたたみ2画面デバイス。2019年Andromedaのコードネームで呼ばれるデバイスが2019年後半に発表される、MicrosoftからAndroid搭載スマートフォンが登場するとの情報は噂としては囁かれていました。結果として、どちらの噂も的中と言ってもいいかもしれません。

関連Surface Phone=Andromeda?Microsoftの折り畳みデバイスは2019年後半に延期かも

関連Microsoftが自社ブランドのAndroidスマートフォンを投入するという噂

(source YouTube)