Galaxy Note20 Ultra 5G レビュー動画公開!

Galaxy Watch3 / Active2のECG(心電図)・血圧測定がEUを含む31ヶ国で利用可能に

韓国サムスンは1月26日、同社が展開するスマートウォッチ2機種、Galaxy Watch3とGalaxy Watch Active2のECG(心電図)および血圧測定機能を利用できる国が、合計31ヶ国追加されると発表した。

スポンサーリンク

Galaxy Watch3 / Active2のECG(心電図)・血圧測定が31ヶ国で利用可能に

Galaxy Watch3
Galaxy Watch3

サムスンによると、ECG(心電図)・血圧測定に必要なSamsung Health Monitorアプリは2020年12月にCEマークを取得したため、ヨーロッパにサービスを拡大できるようになったとのこと。

これに伴い、ヨーロッパの28ヶ国のほかチリ・インドネシア・アラブ首長国連邦を含む合計31ヶ国で、新たにGalaxy Watch3 / Active2によるECG(心電図)・血圧測定が可能になる。

対象の31ヶ国一覧

オーストリア・ベルギー・ブルガリア・クロアチア・チェコ共和国・デンマーク、エストニア・フィンランド・フランス・ドイツ・ギリシャ・ハンガリー・アイスランド・アイルランド・イタリア・ラトビア・リトアニア・オランダ・ノルウェー、ポーランド・ポルトガル・ノルウェー・スロバキア・スロベニア・スペイン・スウェーデン・スイス・英国・チリ・インドネシア・アラブ首長国連邦

上記の国では、2021年2月4日以降、Galaxy Wearableアプリを介してGalaxy Watch3およびGalaxy Watch Active2のソフトウェアアップデートがリリースされる予定。アップデート後のGalaxy WatchにはSamsung Health Monitorアプリが自動で追加されており、同アプリを起動するとスマートフォン側でもSamsung Health Monitorアプリのダウンロードが誘導される仕組みだ。

先日はApple Watchシリーズの一部のモデルが、日本でもECG(心電図)機能を実装したことが話題になったが、残念ながらGalaxy Watch3およびGalaxy Watch Active2のECG(心電図)・血圧測定は2月4日以降も日本では解放されないようだ。

ただし、正規の手段ではないもののSamsung Health Monitorアプリを導入することで日本にいながらGalaxy Watch3およびGalaxy Watch Active2のECG(心電図)や血圧測定機能を利用すること自体は可能だ。

以下の記事にてその方法を解説しているので、興味があればチェックしてみてほしい。

参考Galaxy Watch3 / Active2でECG(心電図)や血圧測定を利用する方法【日本でもOK】

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました