【注目】Amazonプライムデー2021の攻略法を紹介

ファーウェイ、「HUAWEI MatePad T10 / T10 S」を4月23日発売。低価格な大画面タブレット

ファーウェイ・ジャパンは4月20日、新型のAndroidタブレット「HUAWEI MatePad T10」「HUAWEI MatePad T10 s」を発表した。

両機種とも発売日は4月23日。市場想定価格は「HUAWEI MatePad T10」が税込23,980円、「HUAWEI MatePad T10 s」が税込27,280円。

スポンサーリンク

「HUAWEI MatePad T10 / T10 S」が4月23日発売

HUAWEI MatePad T10 / T10 S

「HUAWEI MatePad T10」「HUAWEI MatePad T10 s」は、ファーウェイの新型エントリータブレット。両モデルともプロセッサーにオクタコアのKirin 710Aを採用し、2GBのメモリと32GBのストレージを内蔵している。最大512GBまでのmicroSDカードも利用可能だ。

ディスプレイは、「HUAWEI MatePad T10」が9.7インチ(1280×800ピクセル)、「HUAWEI MatePad T10 s」が10.1インチ(1920×1200ピクセル)で、どちらもIPSパネルを採用。「HUAWEI MatePad T10 s」には、独自の画像処理テクノロジー「HUAWEI ClariVu」が搭載されており、高精細かつ大画面でより鮮明な映像を楽しめる。

ブルーライトカットモードや、グレースケール表示により紙の本を読んでいるかのような体験を提供する「eBOOKモード」にも対応した。

HUAWEIアプリマルチプライヤーを利用している様子
HUAWEIアプリマルチプライヤー

対応アプリを2つのウィンドウに分割して表示する「HUAWEIアプリマルチプライヤー」も利用可能。左右の画面サイズは調節できるので、デザインを拡大しながらオンラインショッピングを楽しんだり、関連するレポートを横に並べてニュースを読んだりなど、シーンに合わせた使い方が可能だ。

低音域や音量レベルに応じた周波数パラメータを自動補正や、9.1chサラウンドセットアップによりバーチャル3Dサウンド効果を体験できる独自のサウンドシステム「HUAWEI Histen 6.1サウンドエフェクト」にも対応。特に「HUAWEI MatePad T10 s」はHarman Kardonによるサウンドチューニングが施されており、タブレットとは思えない迫力のあるサウンドを体験できる。

キッズモードも搭載。適切なコンテンツやアプリのみに使用を制限したり、利用時間をコントロールしたりできるので、楽しみながらも安全にタブレットを使用できる。

背面には500万画素、全面には200万画素のカメラを搭載。背面パネルにはサンドブラスト加工が施されたアルミ合金を採用し、マットで高級感のある手触りを実現した。

「HUAWEI MatePad T10」「HUAWEI MatePad T10 s」は、4月23日に発売される。市場想定価格は「HUAWEI MatePad T10」が税込23,980円、「HUAWEI MatePad T10 s」が税込27,280円だ。

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました