【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

HUAWEI Mate9にソフトウェアアップデート。顔認証機能が追加

HUAWEIのSIMフリースマートフォンMate 9にソフトウェアアップデートが配信されます。今回のアップデートでは2018年6月リリースのGoogleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化のほか、顔認証機能が追加されるとしています。

スポンサーリンク

顔認証機能が追加

今回のアップデートは7/13 16:00以降から順次配信され、約1ヶ月かけて全てのユーザーに行きわたるとのこと。バージョン情報はアップデート前が MHA-L29B 8.0.0.367(635)で、アップデート後が MHA-L29B 8.0.0.370(635)になります。バージョン情報は設定 > 端末情報 > ビルド番号から確認できますので、アップデート前に確認しておくといいでしょう。

このアップデートにより、ゲームアプリ利用時の通信品質を改善するGame Suiteアプリ、セキュリティ向上のためのウイルスバスターモバイルを追加するほか、顔認証機能が追加されます。

ハードウェアの制約上顔の凹凸を3次元で読み取っての認証は不可能なため、通常のカメラのみによる顔認証になるはずですが、既に他のHUAWEI端末や他社製の端末でも同様の機能が提供されている例は多くあり、十分に信頼できる認証方法だというのが私の個人的な意見です。特にMate9の場合指紋認証センサーが背面にあるため、Mate9をデスクに置いた状態では指紋認証を行うために端末を持ち上げる必要があり一手間かかっていましたが、今回のアップデートにより顔認証が追加されれば、デスク上に置いているときは顔認証、ポケットから出すときは指紋認証といった使い分けが可能になります。

私の所有するMate9にはまだこのアップデートは降りてきていないようですが、ユーザーが感じていたわずかな不便を解消してくれる有意義なアップデートだと思いますので、欠かさずに適応しておきたいですね。