【注目】Shokzの新型骨伝導イヤホン「OpenRun Pro」がクラウドファンディング実施中!

Galaxy Watchのバンドを交換する方法

Galaxy Watchを購入したのが2019年の10月末。購入後はほぼ毎日身に着けていますが、開封レビューの時点で触れたようにバンドが弱々しくホコリが付きやすい、言ってしまえば”安っぽい”ことがやや気になっていました。

もうそろそろ夏を迎えるこのタイミング、Galaxy Watchと互換性のある交換用バンドをいくつか注文したので、この記事では付属のバンドを外して別のバンドを取り付ける方法を簡単にまとめておきます。

追記(2021/09/29)

本記事は初代Galaxy Watchでの交換の様子を紹介していますが、2021年現在最新のGalaxy Watch4 / Galaxy Watch4 Classicでも全く同じ手順で交換が可能です。

ただしGalaxy Watch4 Classicのストラップ幅は20mmなのでお間違えの無いよう。

スポンサーリンク

Galaxy Watchのバンド交換手順

Galaxy Watchのバンドを外す

私が所有している46mmモデルのGalaxy Watchは22mm幅のバンドと互換性があります。42mmモデルの場合は20mmのバンドになりますので時計屋さんや家電量販店、Amazon等で探す際はお間違えの無いように。

つまみをスライドする

まずはGalaxy Watchをひっくり返しバンドの付け根にあるシルバーのつまみを探します。

両側のバンドを外す

このつまみを内側にスライドさせバンドを傾けるとスルッとピンが抜けてバンドが外れてくれます。

つまみをスライドさせながら取り付ける

反対側のバンドも同様につまみをスライドさせてピンを抜き外します。

バンド交換完了

取り付ける場合の手順は外す手順の逆。つまみをスライドさせピンをひっこめた状態で逆側のピンをGalaxy Watch側に差し込み、位置を合わせてつまみを戻します。

反対側も同様に取り付ければGalaxy Watchのバンド交換は完了。

正直手順と言えるほどの工程もない非常に簡単な作業です。Amazonでは22mm幅のバンドを検索すると”Galaxy Watch用”と明記された商品も大量に出てきますので、Galaxy Watchユーザーの方はぜひ一度バンド交換にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連Galaxy Watch4用純正ストラップがAmazonで販売中。レザー・スポーツの2種類5色

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました