AnkerからUSB-C to HDMIケーブルが発売。4K/60Hz出力に対応、スマホのPCモードに最適

PC、モバイル機器のアクセサリを販売しているAnkerは、8/4にUSB-C to HDMIケーブルを発売開始しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4K/60Hzにも対応

anker-types-to-hdmi

今回Ankerより発売されたUSB-C to HDMIケーブルはコネクタ周辺がより強化され破損を防止する仕様になっているとのこと。長さは1.8m、4K/60Hzでの出力に対応している他、公式で対応が明記されている製品はiMac、MacBook Pro 2013 / 2015、Dell XPS 15、Galaxy S9 / S8、HUAWEI Mate 10、P20 Proなど。逆に非対応とされている唯一の製品がLG G6。

これまでUSB-C to HDMIケーブルは需要をよく反映しているためかあまり数が多いとは言えず、家電量販店ではまず見かけることはありませんでした。Amazonにおいても変換ハブは多数ヒットするもののケーブルとなるといくつか中華ブランドの製品がヒットするのみで、「とりあえずこれを買っておけばOK」といった決定版は見つかっていない状態。そこに周辺機器では一定の地位を確立したと言えるAnkerがUSB-C to HDMIケーブルを発売してくれるということで個人的には嬉しいニュースです。

これまでノートPCから外部ディスプレイに出力しマルチディスプレイ環境を構築したりノートPCをデスクトップライクに活用する場合は、主に変換ドックを用いてたかと思います。実際USB-Cポートしか搭載していないZenBook 3には標準で変換ドックが付属していました。しかし当然ながらハブを介さずに直接変換してくれるケーブルの方が周囲がスッキリしますし楽でいいですよね。

先日公開したHuawei P20 ProのPCモードを試すという記事で、USB-C to HDMIケーブルは数が多くないと述べたばかりですが、今回発売されるケーブルの対応製品にはP20 Proも含まれているためPCモードを試してみたい方にもおすすめ。Galaxy Tab S4もケーブルのみでのSamsung DeXに対応したことから今後のGalaxyデバイスも同様の仕様になることが予想されるので、そういった用途のために1本確保しておくのも悪くないのではないでしょうか。

USB-C to HDMIケーブルは既にAmazonで販売開始されています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

Amazonでチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする