【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

Makuakeにて出資していた極小サイズのUSBケーブル「InCharge」が届きました

クラウドファンディングサイトMakuakeにて株式会社VOLが出資を募っていたキーホルダー型の極小USBケーブル「inCharge」2種類が私の元にも到着しました。

inCharge all in oneとType-C to Type-C

私が出資していたのは片側がUSB Type-A、反対側がUSB Type-C・MicroUSB・Lightningに対応している万能型の「inCharge All in One」と両側がUSB Type-CコネクタになっているUSB-C to USB-Cモデルの2種類。リターンの発送は3月25日着を目途に行われていたようですが、実は私は一般的なリターンよりも先に「inCharge All in One」のサンプルを頂いていました。

既にレビュー記事も公開しているため、興味のある方は上記からどうぞ。
スポンサーリンク

PUレザーの質感は悪くない

先行モニターとしてサンプルを頂けることになったとき自由にカラーを選んでいいとのことだったので赤を選びましたが、それはPUレザーモデル2種に既に出資していたため。inChargeのブラックとブラウンはPUレザー

ケーブル部分にPUレザーが使われているのは上記ブラックとブラウンのみ。PUレザー独特の光沢

本革とは違い経年変化を楽しむことはできませんしPUレザー独特のテカテカとした光沢もありますが、それでも遠目で見る分には十分な質感で、いかにもな電子機器感を軽減してくれています。本製品は構造上鍵と一緒にキーリングに取り付けることを想定していますが、PUレザーモデルは革製のキーホルダーなどと組み合わせても違和感の少ない仕上がり。私も鍵には本革のカバーを付けていますのでこの見た目は満足しています。inCharge All in Oneのアダプタを外す

ちなみにブラックがinCharge All in One。USB Type-Cのアダプタを外すとLightningとMicroUSBを兼用したコネクタが顔を覗かせます。

ブラウンはUSB-C to USB-C。アダプタがない分All in Oneよりも小型になっています。メイン機器をUSB Type-C対応デバイスに統一している身としては外せないモデルでした。

これでサンプルを合わせて合計3つの「InCharge」を所有していることになりますが、ひとまずキーリングに取り付けたのは今回到着したブラックのAll in OneとブラウンのUSB-C to USB-C。小型で無くしそうなので赤のAll in Oneはひとまず予備として取っておくことにしました。

「InCharge」各モデルの一般販売は5月~6月に開始されるとのこと。正式な発売日がアナウンスされたら当ブログでも紹介する予定です。

※5月23日から一般販売開始となりました。

赤色にPUレザーモデルが追加されるなどラインナップに一部追加・変更があったようです。

私が出資したブラックとブラウンのPUレザーモデルはどちらもラインナップに残っていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。