【お知らせ】OPPO Reno Aのハンズオン動画を公開しました

Huawei P30 Proの詳細まとめ。スペック・機能・価格・発売日など

Huaweiの新フラッグシップP30 Proが正式に発表されました。前モデルP20 Proから引き続き美しいデザインと圧倒的なカメラ性能が魅力の本機について、具体的なスペックや特徴的な機能、価格、発売日などについて、発表会の情報を基に紹介します。

スポンサーリンク

カメラ

写真

P30 Proのカメラ

  • 4000万画素 / f1.6(メイン)、2000万画素 / f2.2(広角)、800万画素 / f3.4(望遠)
  • 光学5倍ズーム、10倍ハイブリッドズーム、デジタル50倍ズーム対応
  • 深度測定用ToFセンサー搭載
  • 望遠レンズはペリスコープ(潜望鏡)型
  • メインレンズ、望遠レンズの両方に光学手振れ補正搭載
  • 最高ISO409600対応

最も注目を集めていたカメラ機能のうち、静止画に関しては以上の通り。OPPOも発表していたペリスコープ型のカメラモジュールはこれまでのスマートフォンのカメラが採用してきた画角を切り替えることでの疑似的なズームではなく、シームレスな真の光学ズームを実現。Huawei製スマートフォンではおなじみの劣化を最小限にとどめたデジタルズームの倍率は10倍まで到達し、デジタルズームに関しては驚異の50倍。さすがに50倍までアップにすると劣化は免れませんが、従来のスマートフォンのデジタルズームの限界を大きく超えてきた形になります。P30 ProとiPhone XS Max、Galaxy S10+の比較① P30 ProとiPhone XS Max、Galaxy S10+の比較② P30 ProとiPhone XS Max、Galaxy S10+の比較③

恒例の他社製スマートフォンとの比較。今回の比較対象はどちらも最新モデルとなるiPhone Xs MaxとGalaxy S10+。星空、寝室、オーロラといずれのシーンでもP30 Proが突出した性能であることが一目でわかります。発表会場内でも暗所性能やズーム性能の実演が行われ、iPhone Xs MaxとGalaxy S10+とリアルタイムで比較されていたのですが、これらの作例が特別誇張したものではないことが証明されていました。P30 Proで撮影した月

リークで情報でおなじみだった月の写真も登場。Galaxy S10+、iPhone Xs Maxとの比較の一環だったようです。ToFセンサーにより背景の識別精度がアップ

深度測定用のToFセンサーが搭載され被写体と背景の関係を立体的に高精度で認識できるように。ソフトウェア処理で背景ボケを生み出す機能最大の弱点であった髪の毛などの細い部分もP30 Proなら正確に認識できるとしています。

動画

また、静止画では敵なしであったHuaweiスマートフォンのカメラが持つ弱点の1つ、動画性能が本機では大幅に向上。暗所での動画性能も向上手振れ補正も効く光学5倍ズームで被写体を大きく写せる

動画性能で取り上げられていたのは

  • 暗所性能
  • 光学手振れ補正とAIによる強力な補正
  • 光学ズーム

の主に3点。いずれも静止画の撮影時の特徴がそのまま動画にも活きている形になりますが、スキーをしているシーンを撮影した動画の振れの少なさ・安定感は驚異的でした。また、スマートフォンで動画を撮ると基本的に搭載されているのは広角レンズのため思っていたよりも被写体が遠いことがよくありますが、光学5倍までズームができれば余計な背景を切り取った撮影が可能になるでしょう。

もう1つ特徴的な機能として望遠・広角2つのレンズでそれぞれ同時に動画が撮影できる「Dual View Video」が発表されました。面白い機能ですが、撮影者の腕が問われそうです。

DxOMarkで1位を獲得

スマートフォンカメラのベンチマークサイトDxOMark上で長らく1位の座を守り続けていたP20 Proを引きずり降ろしたのは後継機P30 Pro。まさに世代交代といったところです。ちなみにVideoのスコアが1点下がっています。

ディスプレイ

P30 ProのディスプレイP30 Proのノッチ

  • 6.47インチFHD+(2,340×1,080)
  • 19.5:9の縦長ディスプレイ
  • 両サイドがGalaxyのエッジスクリーン風にカーブ
  • ノッチは小さなティアドロップ型
  • ディスプレイ内蔵指紋センサー

P20 Proと比べると相当小型化したノッチにカーブデザインのベゼルレスディスプレイ。アスペクト比19.5:9の縦長サイズは6.47インチを感じさせないスリム体系。両サイドのカーブは賛否両論ありそうなポイントです。

小型のノッチからもわかるようにP30 Proでも引き続きメインの生体認証は指紋。ディスプレイに内蔵された指紋センサーはHuaweiらしい高速なロック解除が可能とのことです。

デザイン・カラー

P30 Proのカラーバリエーション背面は9層構造

  • ブラック・パールホワイト・オーロラ・アンバーサンライズ・ブリージングクリスタルの5色展開
  • 9層構造で独特の光沢・質感を実現

P30、P30 Proでカラーバリエーションは同一。ブラック以外の4色はP20 Proで大ヒットしたトワイライトがベースにあるようなグラデーションカラーとなっています。

バッテリー

バッテリーは4,200mAh

  • 大容量4,200mAhバッテリー
  • 40Wの独自急速充電に対応。30分で70%まで充電可能
  • 15Wの急速ワイヤレス充電対応
  • P30 Proから他のデバイスを充電するリバースチャージに対応
  • 40Wに対応したモバイルバッテリーも登場

私の思うHuawei製スマートフォンの印象としてバッテリー周りの設計の優秀さが挙げられるのですが、本機P30 Proでもハイクオリティが期待できます。ノートPC並の40W急速充電は専用のACアダプターは必須だと思いますが、30分で70%の効率はやはりインパクト大。リバースチャージはスマートフォン以外にも対応

Mate 20 Proで話題になった、スマートフォンから他のデバイスへワイヤレスで充電シェアできるリバースチャージですが、P30 Proでは他のスマートフォン以外にもワイヤレスイヤホンやマウス、電動歯ブラシなどワイヤレス充電に対応していれば何でも充電可能に。

40W対応モバイルバッテリー登場

Huawei製モバイルバッテリーも登場

P30 Proの急速充電に対応したモバイルバッテリーも登場しました。40Wの急速充電への対応のみならずデバイスに応じて最適な電力を供給できるようで、Macbook ProやNintendo Switchも充電可能です。

価格・発売日

P30 Proの価格と発売日

  • 128GB:999ユーロ(約12万5,000円)、256GB:1,099ユーロ(約13万7,000円)、512GB:1,249ユーロ(約15万6,000円)
  • 2019年3月26日から発売
  • 日本での展開は不明

海外での発売は3月26日からと発表されましたが、日本での展開は不明。P20 Pro同様にドコモから販売されるとなると昨年同様6月中旬になるでしょう。

 

スペック

最後に基本のスペックシートを掲載して終わります。

OSAndroid 9.0 EMUI 9.1
ディスプレイ6.47インチOLED 2,340 x 1,080ドット
プロセッサKirin 980
メモリ8GB
ストレージ128GB / 256GB / 512GB
メインカメラ4000万画素 / f1.6、2000万画素 / f2.2(広角120°)、800万画素 / f3.4(望遠)
インカメラ3,200万画素 / f2.0
バッテリー4,200mAh 40W急速充電対応 15W急速ワイヤレス充電対応 リバースチャージ対応
カラバリブラック・パールホワイト・オーロラ・アンバーサンライズ・ブリージングクリスタル

(source YouTube)