【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

UnihertzからQWERTYキーボード付きスマホ「Unihertz Titan 」がまもなく登場

Jelly ProやATOMなど小型スマートフォンを複数展開してきたUnihertzから、BlackBerryを彷彿させる物理QWERTYキーボードを搭載したスマートフォン「Unihertz Titan 」が登場するようです。

現在Unihertz公式サイトにて、近日中にもKickstarterにてクラウドファンディングを開始するとアナウンスされています。

スポンサーリンク

QWERTYキーボード付きスマホ「Unihertz Titan 」

Titanの外観

Titanは物理QWERTYキーボード搭載ということで、これまでのUnihertz端末のような超小型路線とはやや異なる方向性。ディスプレイは4.5インチ(1,440×1,440)のスクエア型のIPS液晶。その下に端末全体の3分の2程度を占める面積でQWERTYキーボードが搭載。本機の方がやや無骨なデザインですが、これを見て一部のBlackBerry端末を想像する人も少なくないでしょう。Titanの動作画面

ディスプレイ以外に公開されているスペックはIP67相当の防水防塵と耐衝撃性が備わっていることくらいで、詳細は不明。機能としては指紋認証、顔認証、NFC、ワイヤレス充電等に対応しているようです。

上記画像はTitanの動作イメージと思われるもの。物理キーボードが搭載されていると電話のキーパッドがテンキー表示で画面内に表示されていることに多少の違和感を覚えます。Titanのキーボード

注目のキーボードがこちら。最上段中央は恐らく指紋認証センサーですが、左右に戻るボタン・タスクボタンらしきキーがあることからホームボタンとしての役割も持ち合わせていそうです。一部のBlackBerry端末に搭載されていたキー1つ1つをショートカットキーとして使う機能や、キーボード上に指を滑らせることでスクロールができる機能などの搭載にも期待したいところです。

Unihertz TitanはまもなくKickstarterにてクラウドファンディングを開始する予定。最安となるスーパーアーリーバード価格は199ドルなので、購入のハードルはそこまで高くなさそうです。

(source Unihertz)