Huawei P30 Proのレンダリング画像がリーク。トリプルカメラは10倍ハイブリッドズームに対応か

Huaweiは3月26日パリにてプレスイベントを開催し、そこでP30 ProとP30の2機種を発表すると見られています。

今回そのP30 ProとP30の公式レンダリングとされる画像がリークされています。現行モデルであるP20 Proが今のスマートフォン市場で最高レベルのカメラ性能を誇ることから、P30 Proもカメラに関してはこれまで様々な憶測が飛び交っていました。「クアッドカメラが採用される」との噂もその1つでしたが、本リーク画像からP30 ProはP20 Proから引き続きトリプルカメラを採用することが判明しました。

スポンサーリンク

トリプルカメラは10倍ハイブリッドズームに対応か

P30 Proのレンダリング画像

P20 Proから引き続き鮮やかなグラデーションカラーを採用したP30 Proは見ての通りトリプルカメラを採用。縦に3基のレンズが並ぶレイアウトもP20 Proを踏襲していますが、やや気になるのは3番目のレンズのみ形状がやや異なること。丸いレンズを囲うように正方形の”枠”が存在している姿から、恐らくこのレンズが光学5倍のズームレンズになるのでしょう。P30 Proではこの光学5倍ズームレンズを利用し、劣化を最小限にとどめたハイブリッドズームで10倍のズームを実現しているとの噂です。

ちなみに光学5倍のレンズというと、ロスレス10倍ズームを発表したばかりのOPPOが披露したカメラモジュールも光学5倍でした。ロスレス10倍ズームを搭載したOPPOのスマートフォンにも正方形のレンズの存在が確認できるため、P30 Proのズームレンズも潜望鏡型をした可動式レンズを採用しシームレスな光学ズームを実現している可能性もありそうです。

ディスプレイ側をチェックしてみると、ノッチが水滴型になり指紋センサーが見当たらないことに気が付きます。そのため顔認証は3Dではない簡易的な仕組みになり、メインの生体認証はディスプレイに内蔵されたセンサーによる指紋認証機能になると見られます。

詳細なスペックは不明ですが、プロセッサにはKirin 980が採用される見込み。Mate XのようにBalong 5000を搭載し5G通信に対応させてくるかどうかも注目すべきポイントになりそうです。

(source WinFuture)