【レビュー】SoundPEATSの格安完全ワイヤレスイヤホン「TrueFree+」をチェック

オンラインでイヤホンやスピーカーなどのオーディオ機器を販売しているSoundPEATSさんから、完全ワイヤレスイヤホン「TrueFree+」をレビュー用に提供して頂きましたので紹介します。

このお話を頂いた時についでに教えてもらったのですが、SoundPEATSさん、ロゴを変更したそうです。新しいロゴは”S”の文字を盾をイメージさせるロゴタイプにした、力強さを感じるデザインになっています。

スポンサーリンク

外観

TrueFree+は、既に1つのジャンルとして確立しつつある”完全ワイヤレスイヤホン”に当たる製品。その名の通り左右で独立したイヤホンの間には一切のケーブルが存在せず、あるのは充電器を兼用するケースのみ。SoundPEATSからはTrueFreeという完全ワイヤレスイヤホンが先に販売されていましたが、本製品TrueFree+はその改良モデルという立ち位置。わかりやすい部分ではケースに蓋がついたこと、その他に基本音量の向上や音質の改善など細かな部分もしっかりアップデートされたモデルのようです。TrueFree+のパッケージ

TrueFree+のパッケージ。黒の背景に青のみでパッと目を惹くデザインになっています。さっそく新しいロゴが使われていますね。付属品

付属品は取扱説明書、サポートの案内、ブランドロゴ変更の案内、替えのイヤーピース(サイズは3つ)、充電用のMicroUSBケーブルで全て。取扱説明書はよくある多言語対応ではなく日本語のみの専用設計。書かれている日本語は完ぺきではありませんが、意味は問題なく通じるものでした。旧モデルから改良され蓋つきケースに蓋を開けたところ

旧モデルTrueFreeからの改良ポイントの1つであるケースがこちら。全体的に見た通りなプラスチックの質感ですが、新たに追加されたストライプ模様が入った蓋部分は見た目も悪くなく開け閉めの動作がとてもスムーズで好印象。ケース裏側には充電用のMicroUSBポート

ケースの裏側には充電用のMicroUSBポート。

音質

ペアリング中

改良ポイントの1つに基本音量の向上とあるように、音の鳴りは良く本体サイズ以上のダイナミックさを感じられます。低音、高音共に極端な味付けはなくシンプルかつクリア。音域も十分で、スピーカーでは聞こえない範囲の音もしっかりと拾って聞かせてくれることは当たり前と言えば当たり前ではありますが、価格を考えるとそれだけでも立派と言えるでしょう。

Bluetooth5.0のおかげか通信はかなり高品質。TrueFree+と接続したスマートフォンを放置したまま隣の部屋に行きドアを閉めても接続が途切れなかったのには驚きです。ワイヤレスである以上多少の遅延は避けられず、PUBGモバイル等のゲームをプレイするのにはさすがに向きませんが、YouTubeの動画を見るくらいであれば全く問題ありませんでした。

そもそも私があまりオーディオにこだわらないことも関係して、4,000円もしない価格(執筆時点)で手に入るイヤホンですがこれといった欠点もなく、何も問題なく普段使いできるものだと思います。現在は同じくSoundPEATSの「Q32」という完全ワイヤレスイヤホンを利用していますが、価格が「Q32」の方がやや高い分ケースの質感やバッテリー容量にやや違いがあるくらいで、TrueFree+の方がサイズダウンして持ち運びやすい分こちらに乗り換えてしまおうかなとも思っています。

ただし、Q32、TrueFree+どちらもケースからイヤホン本体を取り出しにくいという共通の欠点があるためそこだけは改善してほしいですね。TrueFree+は一応その部分の改善も施されているようですが、使ってみた感じまだまだ取り出す際に気を遣わなければいけない状態には変わりありません。
TrueFree+の執筆時点でのAmazon価格は3,980円。信頼できるブランドから販売されている完全ワイヤレスイヤホンとしては恐らく最安レベルだと思いますので、気になる方はぜひ以下からチェックしてみてください。