【注目】Shokzの新型骨伝導イヤホン「OpenRun Pro」がクラウドファンディング実施中!

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の使い方。証明書発行手順と準備するモノを解説

デジタル庁は2021年12月20日、日本政府が公式に提供する、新型コロナワクチン接種証明書を取得できるアプリ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をApp StoreおよびGoogle Playにて公開した。

新型コロナワクチン接種証明書は、日本の予防接種法に基づいて各市区町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するもの。氏名、生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)が記載されるほか、海外用では、パスポートの国籍や旅券番号も記載される。

本記事では、「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を用いて新型コロナワクチン接種証明書を取得する方法を解説する。

スポンサーリンク

必要なモノ

新型コロナワクチン接種証明書を取得するのに必要なアイテムは、以下の通り。

  1. マイナンバーカード
  2. マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)
  3. パスポート(海外用を発行する方)

また、使用するスマートフォンの要件がこちら。

  • マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末
  • iOS 13.7以上
  • Android 8.0以上

接種したワクチンに関するデータは、マイナンバーと紐づけられた状態で各自治体に保存されている。そのため、ワクチン接種の際に使用した接種券や番号などの準備は不要だ。

ワクチン接種証明書発行の手順

アプリを利用して新型コロナワクチン接種証明書を発行する手順は、以下の通り。

アプリの起動と規約の確認

利用規約の確認

まずは「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を起動する。次へ進むボタンを押していくと、利用規約が表示されるので、しっかりと目を通しておこう。

その後、接種証明書発行に必要なものの確認と「接種証明書を発行する」ボタンが表示されるので、ボタンを押して次の手順へと進む。

日本用 or 海外用。用途の選択

日本用の接種証明書と海外用の接種証明書を選択可能

続いては用途の選択。本アプリでは、日本国内用の接種証明書のほかに、海外用の接種証明書も発行できる。片方ずつ発行できるのはもちろん、両方同時に発行もできるので、もし海外へ行く予定がある場合はまとめて作ってしまった方が手間がかからない。

ただし、海外用の接種証明書を発行する場合はパスポートも必要になるので準備を忘れずに。以下では国内用の手順を紹介する。

暗証番号の入力

数字4桁の暗証番号を入力

次は暗証番号の入力。マイナンバーカード発行時に設定した数字4桁の暗証番号を入力する。

この時点では暗証番号が間違っていても次のカード読み取りの手順に進んでしまう。しかし、カード読み取りの段階で暗証番号の間違いが発覚すると再度入力を促され、3回連続で間違えるとロックされてしまうので注意が必要。

なお、ロックされてしまった場合は各自治体の窓口に出向き解除手続きが必要になる。ハッキリ言って面倒なので、暗証番号は事前に間違いないことをしっかりと確認しておこう。

マイナンバーカードの読み取り

マイナンバーカード読み取りの様子

暗証番号を入力したら、マイナンバーカードの読み取りを促される。お手持ちのスマートフォンのNFCタグが内蔵されている位置にマイナンバーカードを当て、先ほど入力した暗証番号が正しければ自動で上記画面が表示されるはずだ。

モザイク部分には、氏名・生年月日・性別・住所が記載されている。間違いがなければ「次に進む」ボタンをタップしよう。

自治体の選択

ワクチンを接種した際に住んでいた自治体を選択し、「ワクチン接種記録を検索」ボタンをタップ。

ワクチンを接種した日付や接種したワクチンのメーカー、製造番号などが表示される。表示内容が正しければ、一番下の「発行する」ボタンをタップする。

発行完了

新型コロナワクチン接種証明書の発行が完了

「接種証明書を発行しました」の画面が表示されれば、全ての手順が終了。無事アプリ内に新型コロナワクチン接種証明書が発行された。

以降は、アプリを開けばいつでも接種証明書を表示できる。お疲れさまでした。

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました