【4月13日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

ColorOS 7の新機能や特徴まとめ。ColorOS 6との違いを比較

4月27日に、国内のOPPOスマートフォン3機種に対してAndroid 10およびColorOS 7のアップデートが一気にリリースされました。

アップデートの対象となったスマートフォンは、Reno 10x Zoom・Find X・R17 Proの3機種。Reno 10x Zoomは2019年7月、Find Xは2018年11月、R17 Proは2018年12月にSIMフリーモデルとして発売されました。

本記事では、上記スマートフォンに新たに搭載されることとなったColorOS 7について、先代のColorOS 6と比較しながらその機能や特徴をまとめています。

OPPO製スマートフォンの購入を検討している場合、多くの媒体で「OSに癖がある」と評価されているのを目にするかと思いますが、最新バージョンであるColorOS 7が一体どのようなOSであるのかを知るのに本記事が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ColorOSとは

まず初めに、ColorOSとは何なのか?という点について簡単に解説しておきます。

ColorOSとは、中国のスマートフォンメーカーOPPOによって開発されたAndroidベースのカスタムROMのこと。時期によってバージョンが異なりますが、OPPO製のスマートフォンのほぼ全てがColorOSを標準搭載しています。

「ColorOS」という名称からAndroidとは全く異なるOPPO独自のOSと勘違いされることもあり、OPPO製スマートフォンのレビューを公開した際には筆者のTwitter宛に「Androidのアプリは使えますか?」といったDMが来たこともあります。もちろんベースはAndroidですので、Google Playを始めとしたGoogle系サービスは全て利用可能です。

ColorOS 6を搭載していたReno 10x Zoom
ColorOS 6を搭載していたOPPO Reno 10x Zoom

標準のAndroidに比べてデザインには大幅に手が加えられているため、基本的な操作自体はAndroidと変わらないものの見た目の印象は結構違うかと思います。ColorOSの特徴としては余白の取り方やボタンサイズなどが大胆で、非常に見やすく操作しやすいことが挙げられます。

一方で、ユーザーが個別に設定しないとほとんどのアプリのキャッシュを容赦なく削除したり、見境なくバックグラウンドでの動作を停止するために通知が届かなかったりといった、かなりお節介な省電力機能も特徴と言えるでしょう

また、「ColorOSはiOSにそっくり」という評価も頻繁に見かけます。アプリアイコンがデフォルトではホーム画面に一覧表示されるためにそう思われているのかもしれませんが、設定からドロワー表示も選択可能ですし、ホームアプリも変更可能です。

ColorOS 7の新機能とColorOS 6からの変更点

ここからはColorOS 7にて追加または改善された機能を、一部ColorOS 6と比較しながらチェックしていきます。

ダークモードに対応

ColorOS 7はAndroid 10をベースとしているため、Android 10の新機能であるダークモードに対応しています。

ColorOS 7のダークモード

設定から[ディスプレイと輝度]へ進み、[ダークモード]をオンにすることで、有効化できます。なお、ColorOS 6では[ディスプレイと輝度]内にダークモードの設定項目そのものが存在しません。

スマートサイドバーのデザインと機能

スマートサイドバーは、ColorOSに搭載されている、サイドから内側に向かってスワイプすることで呼び出せるランチャー機能。

ColorOS 7のスマートサイドバー
ColorOS 7ではフローティングアプリを最小化可能に

同機能はColorOS 7へのアップデートに伴い、アプリをドラッグすることで直接画面分割機能が利用可能になったほか、フローティング表示対応のアプリをアイコン表示にして最小化できる機能にも対応しました。

使い心地としては、Galaxyシリーズに搭載されていたアプリのウィンドウ化機能に非常に近い印象を受けました。

スクリーンショットの機能

ColorOS 6にも3本指でスワイプすることによるスクリーンショットの保存機能は存在していましたが、ColorOS 7では同機能がさらにパワーアップしています。

具体的には、

  • 指3本の長押し ⇒ 任意の位置までスワイプ:指定した範囲のみのスクリーンショットを撮影
  • 指3本の長押し ⇒ 画面下までスワイプ:スクローリングスクリーンショット(画面外のページ全部を含めたスクリーンショット)を撮影

といった機能が追加されました。

スクリーンショットのプレビュー表示

また、スクリーンショット撮影直後には画面左下にプレビューが表示されるようになりました。このプレビューを上にドラッグするとそのスクリーンショットを共有し、下にドラッグするとスクローリングスクリーンショットが撮影可能です

ナビゲーションジェスチャー

Android 10には左右のスワイプに戻るボタンの機能を割り当てることが可能ですが、ColorOS 6では一足先にその機能が実装されていました。

さらにColorOS 7では、画面左右から内側にスワイプした状態でキープすると前のアプリんモデル機能が追加されました。

ColorOS 7のナビゲーションジェスチャー

同機能は、設定から[便利ツール] ⇒ [ナビゲーションボタン]へと進み、[以前のAppにスイッチ]の項目を有効化することで利用可能になります。実際にスワイプした状態を保持していると前のアプリのアイコンが表示されるため、どのアプリに戻るかが視覚的にわかりやすくなっています。

ホーム画面でスワイプダウン

ColorOS 6では、ホーム画面上でスワイプダウンを行うとグローバル検索の入力画面が出現しますが、ColorOS 7ではグローバル検索・通知センターの表示の2択から選択可能になりました。

スワイプダウン時の動作設定

ホーム画面のアイコンやウィジェットがない場所を長押しして上記の設定画面を呼び出し、[ホーム画面でスワイプダウン]をタップしグローバル検索か通知センターの展開を選択します。

その他デザインなど。OPPO Shareでvivo・Xiaomi端末とファイル共有も

そのほか全体的なデザインも微妙に変更されています。設定アプリやクイック設定パネルのボタンが小さくなっていたり、パスコード入力時の数字キーが片手操作しやすいように画面下側に寄っていたり、画面録画時に一時停止機能が追加されたりなどが確認可能です。

ColorOS 7でOPPO Shareが追加

また、OPPO・vivo・Xiaomiのスマートフォン同士でファイルを共有し合える、中国メーカー版Airdropとも言えるOPPO ShareもColorOS 7で実装されました。

OPPOスマートフォンの搭載OS一覧【2020年4月更新】

現在国内で販売されている主なOPPO製スマートフォンのColorOSバージョンを以下にまとめておきます。

機種名ColorOSバージョン
R11sColorOS 3.2(Android 7)
R15 NeoColorOS 5.2(Android 8)
R15 ProColorOS 6.0.1(Android 9)
R17 NeoColorOS 6.0.1(Android 9)
R17 ProColorOS 7(Android 10)
AX 7ColorOS 5.2(Android 8)
Find XColorOS 7(Android 10)
Reno 10x ZoomColorOS 7(Android 10)
Reno AColorOS 6.0.1(Android 9)
A5 2020ColorOS 6.0.1(Android 9)

次は2019年の大ヒットモデル、Reno AのColorOS 7へのアップデートに期待したいです。

まとめ

以上、ColorOS 7の新機能とColorOS 6との違いについてのまとめでした。

ColorOS 7を軽く触ってみた感触としては、また一から慣れなければいけないような箇所もなく、おおむね良いアップデートという印象。ジェスチャー機能の強化やパスコード入力時の数字キーの位置の変更など、片手操作がしやすくなるような変更が多かったようにも感じます。

ただし、OPPO製スマートフォンに癖があると言われる原因の1つであるキャッシュ周りやフォンマネージャーなどにはこれといった変更が加えられていないようなので、その点のみ注意が必要です。

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました